マーチンゲールとは

マーチンゲール

マーチンゲール(martingale)とは、もともと18世紀のフランスで流行していた賭け方の一種で、現在はカジノやEAの手法として使われています。

これらの賭け方の中で最も単純なものは、コインが表に出れば賭け金を勝ち、裏に出れば賭け金を失うというゲームのために考案されたものです。

この戦略では、ギャンブラーは負けるたびに賭け金を2倍にして、最初の勝利でそれまでの損失をすべて取り返し、元の賭け金と同額の利益を得ることができるようにするものです。

上記のコインゲームを例にとると、最初に1枚を賭けて負ける(–1)、次に倍の2枚を賭けて負ける(–1–2)、次にさらに倍の4枚を賭けて負ける(–1–2–4)、次にまた倍の8枚を賭けて勝ったとすると、(–1–2–4+8)=+1となり、理論上では1勝3敗にも関わらずプラスという結果になります。

似た手法にナンピンがあります。

目次

FXにおけるマーチンゲール法の使用例

このマーチンゲールの手法がEAでどのように使われているかを示したのが次の表です。

マーチンゲールの使用例

110円で1ロット(10,000通貨)をロングし、1円(100pips)下がるごとにマーチゲール法で倍のロットをロングしていきます。

これを105円まで続けたとすると、110円から5円(500pips)も下落したにも関わらず、わずか9銭(90pips)の反発で損益分岐点に達する計算になります。

マーチンゲールの損益分岐点
FXでのマーチンゲール

もし、これが元の110円まで戻れば莫大な利益となります。もし戻ればですが。

一見有効な戦略に見えますが、多額の含み損に耐えるだけの資金と精神力が必要となります。

また、上の表のように105円で反発するとは限りません。

実際にコロナによる暴落相場では、間で多少の反発はあったものの、短期間で112円から101円まで下落しています。

マーチンゲールを採用しているEA

この様に非常にリスクの高いマーチンゲールですが、採用しているEAは多数存在します。

なぜならとても見栄えが良いからです。

次の画像はゴゴジャンで人気の※ 稼KING GBPJPYというEAの収益額ですが、実に見事な右肩上がりです。※厳密には増えるロット数が倍では無いタイプ

稼KING GBPJPYの収益グラフ

それでは、次に含み損を表示させてみます。

稼KING GBPJPYの収益グラフ+含み損

オレンジの線が「収益+当日最大含み損益」です。

つまり表示されている部分では398,903円-240,160円、最大158,743円の含み損を抱えていたことが分かります。

ただし、この後に相場が反転することでマーチンゲールが効果を発揮して含み損は収益に変わりました。

このように、マーチンゲールは諸刃の剣と言える手法です。

マーチンゲールが搭載されたEAを使うには細心の注意が必要です。

\ GEMFOREXで口座開設するなら必須/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GEMFOREXで新規口座開設後に一度退場→半年後に復帰して入金ボーナスとジャックポットを使った一発逆転の勝ち逃げを目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる