トライオートFXのレビューと口コミ・評判

トライオートFXのレビューと口コミ・評判

トライオートFXはインヴァスト証券が運営しているFXサービスです。

このサービスの特徴は口座開設者の6割以上がFXの初心者であること。

これからFXを試してみようと思っている方に適した特徴を備えています。

とくに評価が高いのが自動売買ができる点で、自動売買プログラムを設定しておけば、市場が開いている間なら24時間いつでも取引をすることができます。

ゲームをしながら、さらには仕事をしながらFXを行うこともできるわけです。

目次

取引ツール

口座開設者の6割以上が初心者ということもあり、取引ツールはわかりやすさを重視しつつ機能性を兼ね備えたものとなっています。また自動売買を活用するための機能も充実しています。

パソコン版では、自動売買注文とマニュアル取引を相場状況に応じて選ぶことができる機能もついています。

スマホ取引

スマホ取引ももちろん可能で、スマホ用の取引ツールとして「トライオート」というアプリケーションを用意しています。

このアプリでももちろん自動売買の注文が可能になっているほか、もちろんマニュアルでの操作も可能です。

スマホならではの機能性を重視し、最小限のアクションでトライオートFXの機能を使える点が高く評価されています。

取引通貨ペア

取引通貨ペアは17種類で、他のFX業者に比べると少な目に感じる方もいるかもしれません。

ただ米ドル、日本円、ユーロ、英ポンドといった基本通貨はもちろん、金利の高さで人気の高いニュージーランドドル、オーストラリアドル、さらに南アフリカのアランド=日本円、トルコリラ=日本円といった組み合わせも用意されています。

スプレッドと手数料

FX業者を選ぶうえで最大のポイントとなるのがスプレッドと各種手数料です。

注意したいのは先述した自動売買の際に生じる手数料です。

上限として1000通貨単位あたり20円の手数料が発生するので、このコストも考慮したうえで売買を行っていくことになります。

自動で売買できるから便利、と任せっぱなしにしておくと手数料がどんどんかかってしまうことになりかねないので注意しましょう。

なお注文を自動売買で行い、決済はマニュアルで行った場合にも手数料が発生しますが、マニュアル注文の場合はすべて手数料が無料となっています。

そしてスプレッドは業界最狭水準をセールスポイントとしており、米ドル=日本円で0.3銭、ユーロ=日本円で0.5銭、英ポンド=日本円で1.0銭、オーストラリアドル=日本円で0.6銭などとなっています。

市場の急変などの特別な事情がない限り、このスプレッド設定は固定となっています。

レバレッジ

トライオートFXでは最大25倍のレバレッジ設定が可能ですが、レバレッジを指定することはできず、自分で調節したうえで決定される方式となっています。

ポイントとしては、各通貨ペアともに毎営業日の終値を基準価格としたうえでレバレッジに応じた必要証拠金額が決められる点です。

自分の予算でどれぐらいのレバレッジが利用できるのか、よく見極めたうえでの判断が必要です。

デモ口座

口座を開設する前にお試しでトライオートFXのシステムを使ってみることができるデモ口座も用意されています。

期限は30日となっていますが、何度でも申し込むことができるので、改めて申し込むことでより長期間デモ口座を試すことができます。

なおデモ口座はパソコンでの利用のみ。公式サイトの「マイページ」の欄から申し込むことができます。

口座開設キャッシュバック・特典

トライオートFXでは、口座開設時にさまざまなキャッシュバック・特典をキャンペーンの形で用意しています。

どのような内容かはその時に行われているキャンペーンの内容によって異なるので、利用を検討している方は事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

例えば、2020年8月~2020年9月30日までは新規口座開設時に所定の取引条件を満たすとキャッシュバックが適用されるキャンペーンが実施されています。

100万通貨以上の取引で3000円、500万通貨以上の取引で2万円、1000万通貨以上の取引で4万円、そして2000万通貨以上の取引で9万円。

最大で12万円のキャッシュバックが適用されるとてもお得な内容になっています。

投資家保護

トライオートFXでは投資家保護の対策として信託分離保管を採用しています。

これはトレーダーから預かった有効証拠金を上回る口座を信託口座に移管し、会社の資産とは別個に管理するもので、万一会社が破綻してしまった場合でも、トレーダーの証拠金を確実に返還できる仕組みになっています。

入金方法と出金

入金方法では即時入金サービス(クイック入金)が導入されています。

これによって24時間ほぼリアルタイムで入金を反映させることができるので、チャンスの時に必要な資金を確実に調達できます。

このクイック入金を利用するには三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を開設している必要があります。

そのほかには銀行振込による入金も可能です。

出金は取引画面上かマイページから行うことが可能で、振込手数料はかかりません。

注意点は出金依頼の受付時間が設定されている点です。

通常時間では午前7時~翌午前6時40分で、アメリカのサマータイム導入時には午前7時~翌午前5時40分に短縮されます。

取引時間

取引時間は月曜午前7時~土曜日の午前6時で、原則として24時間取引可能ですが、世界中のFX市場が休みになっている土日休日はもちろん利用できません。

また火曜日から金曜日の午前6時40分~午前7時10分、またはアメリカのサマータイム導入時には午前5時40分~午前6時10分までの時間帯はメンテナンス時間に設定されているので利用することができません。

追加機能

追加機能では政財界の要人の発言や経済指標の結果などの相場情報を提供するニュース機能と、使いやすさで世界中のトレーダーから評価されている「Trading View」のチャート機能が挙げられます。

お問い合わせ&カスタマーサポート

問い合わせが電話、フォーム、電子メールで対応しています。

インヴァスト証券ではトライオートFXのほか、さまざまなサービスごとにメールの問い合わせ先が異なっているので間違えないよう気を付けましょう。フォームと電話は共通しています。

口座開設

口座開設は最短で5分で完了します。

ネット上の申込フォームに必要事項を記入したうえで、本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出します。

この提出は郵送、メール添付に加えてWeb上からのアップロードでも可能なので簡単です。

その後審査が行われ問題ないと判断された場合には、IDとパスワードが送付されて口座開設となります。

長所

メリットとしてはすでに挙げた自動売買ができること、そしてFX業界の中でも狭く設定されているスプレッドが挙げられます。

また初心者向けとして評価されているようにツールが使いやすい点も魅力で、スマホのアプリケーションもパソコンとほぼ同じ感覚で使うことが可能です。

電話でのカスタマーサービスにも対応しているうえに、操作に困ったときにはリモートサポートを申し込んで使い方を教えてもらいながら取引を行うこともできます。

この点も初心者向けを重視しているトライオートFXの特徴の一つなのでしょう。

なお最低取引単位は1000単位で、自動売買を行うことを考えると妥当な設定と言えます。

短所

短所としては、先述したように自動売買を設定したときにはマークアップ手数料が発生する点です。

このことを失念して自動売買設定をして長い間任せっぱなしにしておくと手数料で利益が削り取られてしまった、あるいは利益を出していると思っていたのに実際には損失を出してしまった、といった問題点も出てきます。

マニュアルでの注文とうまく使い分けながら取引を行っていく必要があるわけです。

初心者が不用意に自動売買に手を出してしまうと、手数料ばかりがかさんでしまう可能性も出てくるので注意したいところです。

\ GEMFOREXで口座開設するなら必須/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GEMFOREXで新規口座開設後に一度退場→半年後に復帰して入金ボーナスとジャックポットを使った一発逆転の勝ち逃げを目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる